» 今日の活動のブログ記事


11月8日、熊本市立三和中学校で開かれました。

先日、大津中のPTA関係者から「学校で、ネットを使うときの○○の約束、みたいな取り組みをしてはいるけど、その次に何をしたらいいかわからない。」との相談があり、「次は子ども達自身が考えることが大切で、そういうワークショップの取り組みをしているところもありますよ。」と応じました。
しかし、私自身も最近の事情を踏まえた「認識のリニューアル」や、そうしたワークショップの運営が出来る力が必要と感じ、勉強に行きました。

ワークショップでは、千原台高校の生徒がグループのファシリテーターとなり、中学生の考えを引き出しまとめ、それをさらに大人・先生がまとめてていくという手法が採られていました。

ワークショップの流れをご紹介するのは主催者にご迷惑をおかけしますので、場面の中で気付いたことをいくつかご紹介します。

 sumaho1  sumaho2
高校生が紙芝居を読み、場面ごとに問題点を見つけ出していきますが、ここから導かれるのは「お決まりのルール」ばかりです。
(このワークショップは、ここが出発点となるようです)
 sumaho6  sumaho7
  高校生が自分自身の悩みを中学生にぶつけてみる場面。中学生はなんとか「アドバイス」を考えますが、
「お決まりのルール」では解決できないことに気付いていきます。SNSの未熟な使い方が、本当に多くのストレスや悩みにつながっていることを感じます。
sumaho4 sumaho5
カードを使い、「○○だね」という言葉についてどう感じるか、を問います。
修飾のない、乾燥した「文字だけ」の言葉がいろいろな受け止め方をされることに気付きます。 「自分がどう思われているか」が気になる時期、どうしてもマイナス思考の受け止め方が多く見られます。
この他にも20代の先生が、自身の中学時代のトラブル体験を話される場面もありました。
以前は、「教員はネット経験が少ないので情報モラルの指導は難しい」などと言われていたのですが、すでにそうではなくなっていました。

 

このような取り組みに触れると、中高生のリアルな「スマホとSNSのトラブル」を見聞きすると、やはり安直な「お決まりのルール」で済ませてはいけないことがよくわかります。
「トラブルは起こりうる」ことを前提にした、次のステップの取り組みの提案が必要と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

11月17日(日)、住民・議員・行政が同じテーブルを囲んで地域防災について語り合う、「かたらんね!地域防災」が開催されました。

kataranne

この催しには私も実行委員会のメンバーとして準備段階から参画していました。

住民・議員・行政の3者が防災について語り合うという協働の場は全国でも珍しい取り組みということで、熊日新聞(11/19)にも掲載されましたので、ご覧になられた方もおられるかと思います。

参加者のアンケートも好評で、こうした催しを継続的に続けることの重要性を指摘されていました。

2月には第2回も計画されています。第1回の内容(現在報告書作成中)を踏まえ、さらに一歩進めた議論ができるよう準備していきたいと思います。詳細が決まりましたらこのブログでもご紹介したいと思います。

11月2日(土)、美咲野小学校PTA主催の「第1回開校記念 美咲野小祭り」が開催されました。

私は残念ながら午前中は研究会に出席していたため、午後からしか見にいけませんでしたが手作りの楽しいお祭りになっていました。

 

大津町の伝統民芸「梅の造花」を作っています。保存会の方々の指導で、可憐な花が咲きました
ume_zouka
ume_hanabira
翔陽高校エコラン部のお兄さんたちが、トーマスの電動自動車に子ども達を乗せてくれます。
tomas
 地域の方たちが、竹細工で水鉄砲を作ってくれています。
take
 本とおはなしの会によるブラックシアターの上演もありました。
(緒方ばあちゃん、叙勲おめでとうございます)
ohanasi
大津高校美術科の生徒さんたちによる、似顔絵コーナー。
お願いすると3割増しで描いてくれます。
nigaoe
ホンダのボランティアによる、ダンボールクラフトの製作コーナーの作品。
asimo

 

この他にもいろいろなコーナーがありましたが、いずれも、町内や地域の方々の協力によるものです。

開校1年目、地域の中での学校の在り方を考えた場合、地域とのつながりをどう作っていくのか、とても大切なことです。美咲野小学校は今年・来年の2年間、コミュニティスクールの研究指定を受け準備を進めています。コミュニティスクールは、地域と学校、教育行政の3者が作っていくものです。まず地域と学校の交流の大きな機会ができたことは、その入り口として大成功ということではないでしょうか。
参加された保護者の方も「これがコミュニティスクールということでしょうか」との感想も聞かれました。

 

10月15日(火)「中学生議会」が開催され、傍聴しました。

町内の中学生の代表が議員となり、実際に町議会の議場で町執行部に一般質問を行うという本格的なものです。

jhs_gikai_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大津中学校・大津北中学校の生徒会から各6人ずつが議員となります。質問は各校4人ずつ、議長も北中の生徒です。

9時半から生徒・町長の挨拶の後、開議。議長も議員も緊張のため固い面持ちです。

質問原稿を作り、何回も練習してきたのでしょう。みんな緊張しながらも堂々と落ち着いた態度で質問でした。

 

【2つの質問と答弁についてのコメント・感想】

 

(1)

最初の質問者は「教室へのエアコン導入」を求める内容等でした。実はこの質問は昨年の中学生議会にもあったようで、その時は、そのうちに校舎の老朽化対策が必要になるので、その時に行う、といった回答だったようです。

しかし、その後の経緯を経て校舎の老朽化対策とは切り離し来年度には設置することとなり、教育長・町長の答弁もその経緯を説明するものでした。そのこと自体は問題ないのですが、説明の過程の中でいくつもの難解な行政用語や、説明不十分な言葉が出てきました。

たとえば「大津中学校再生整備計画」というもの。これはただの固有名詞であり、これがどのようなものかの説明がなければ質問者にはそれが答弁の中でどういう意味を持つか理解できません。

教育長は、さすがに長く教員を務められてこられただけあって、中学生に向けた語り口はすばらしかったのですが、こうした唐突な言葉がいくつも出てきていたところが残念でした。

 

(2)

また、別の議員の質問では、パソコン教室に40台あるパソコンがインターネットを一斉に利用することができず、数台のパソコンを共有しながら調べ学習をしたために学習の進度に個人差が出て困った、改善できないか。というものでした。

この質問への答弁は、どうしてもネットワーク技術に関する専門用語が必要になります。なによりも、現在、学校がどういうネットワーク構成でインターネットに接続しているかという前提的な説明が必要になります。それは「図」で示すことが最も理解しやすいのですが、(大津町の)議会の中では「図」で示すといった概念がなく、「サーバー・ファイヤーウォール・フィルタリング」などの言葉が、おそらく説明するほうもよく意味が解らずに言葉だけで説明しようとして、結局何を言っているのかわからない答弁となりました。

(本物の)議会でも、現状では図表を提示しての質問や答弁は行われていません。しかしこの中学生議会ではそうした工夫が必要だったのではないかと思われるところです。

 

【全体を通しての感想として3点】

まず、質問への答弁が、相手が中学生であることへの配慮が足りないか、または逆に配慮が上滑りしたり空回りしたりして、結局きちんとした答弁になっていないということ。

もう一つは、町長の態度の問題。議場に入ってきて自席でネクタイを締めたり、行政でも一般的に使われている言葉(例えばハザードマップ)を読めなかったりと、きちんと準備をしている様子が見られなかったことです。特に後半はお疲れの様子も見え、答弁も原稿の棒読みでした。

これでは中学生議員は自分の質問にきちんと答えてもらえなかったとがっかりしたことでしょう。(私たちがいつも感じていることを、生徒たちも感じたとすればまさに「議会を体験」したことになりますが)

 最後に生徒たちに激励として一言。「もっと、しつこく突っ込んでいいんですよ」。事前に議会事務局からの説明で「答弁に納得できなかったら、ぜひ再質問をして下さい」と説明があっていたと聞きました。

答弁が理解できなかったり、納得できなかったり、きちんと答えてもらってないと感じたら、遠慮なく、しつこく、時間いっぱい質問を続けて下さい。

大人でも議場の演壇に立てば緊張してしゃべれなくなるのに、皆さんは堂々と話すことができる人たちなのだから、あとひと踏ん張りして「それはおかしい」「もっときちんと説明して」と追及しましょう。皆さんは、中学生の「代表」として質問するのですから、学校に戻ってきちんと他のみんなに「こういう説明だったよ」と伝えなければならないはずです。それが出来るためには、まず自分が納得できること、納得できなくても「何が問題か」を説明できること。

来年の中学生議員さんたちに、もっとすばらしい中学生議会になるようにしっかりこの経験を伝えて下さい。

jhs_gikai2

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生の皆さん、お疲れ様でした。私も勉強になりました。

 

 

 

 

 

今年分離開校の美咲野小学校の第1回の記念すべき運動会。

8時30分の開会式から閉会式まで楽しませていただきました。

misakino_undokai1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年までのマンモス運動会も迫力はあったのですが、約半分に分離した今回は、進行にも余裕があり、子ども達の間隔も広くなったのでしっかりと遠くのほうまで見ることができました。

徒走では、前のグループがゴールしてから次のグループがスタートできます。だからゴールする子ども達みんなに拍手を送ることもできます。

残暑が続く中でも一生懸命練習したのでしょう。ダンス・団体競技・組み体操、どれも集中しつつも笑顔で見事な演技を見せてくれました。

misakino_undokai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が一番楽しんだのは、6年生の技巧走の「親子愛でお・も・て・な・し」、6年生にもなれば、なかなか親子のスキンシップの機会も少なくなるものですが、お父さんに背負われる娘、お母さんをおんぶする息子、みんなあふれんばかりの笑顔でゴールしていました。来賓テントの中も、ほのぼのとした雰囲気に包まれました。

子ども達、保護者の皆さん、先生方、関係者の皆さん、第1回で準備も大変だったと思います。おかげさまで今日の運動会は子ども達が素晴らしい頑張りを見せた、素晴らしい運動会だったと思います。本当にお疲れ様でした。

熊本県立大学の特別公開講座「防災クロスロードゲーム体験学習」に参加しました。「クロスロード」は「重大な分かれ道」といった意味です。

bousai0831_1

 

 

 

 

 

ファシリテーターは、阪神淡路大震災の時、神戸市職員として現場対応にあたられた西氏。参加者はほぼ自治体職員でした。(大津町からも6人の職員が参加されてました、頼もしいです)

この「ゲーム」は、震災後、大都市大震災軽減化特別プロジェクトの一環として、震災に対応した神戸市職員へのインタビューの中で得られた過酷状況でのジレンマ事例をもとに開発されたものです。

「避難所で、食糧を人数分用意できない状態、それでもとりあえず配るか?」といった事例にYes/Noで答え、多数派または一人だけの少数意見にポイントを与えていきます。そしてチームの中でそれぞれの判断の根拠を説明し、議論します。

buosai0831_2

 

 

 

 

 

驚くほど厳しい判断を求められます。そして、その結果が全員一致ということはほとんどありません。過酷な災害の時、それにどう対応するか、参加者の様々な視点からの意見はどれも傾聴すべきもので、こうしたシミュレーションが実際の災害時には絶対に役に立つと感じました。

bousai0831_4

 

 

 

 

 

(なかなかYes/Noが一致することはありません)

設問には、人の生死に関わる判断を求めるもの、結果によっては大きな非難を受けるような問題もあり、ゲームで扱っていいのか?とも感じますが、逆にゲームだからこそ重たい問題でも活発に意見交換ができるという面もあります。

bousai0831_3

 

 

 

 

 

(同じチームの皆さんです)

このゲームには様々な応用編もあり災害だけではなく、学校の安全、地域防犯、子育てなどの様々な分野でも開発されているとのことです。またゲームとして面白くなるような工夫がちりばめられていて充実感もあります。ただし設問には「正解」はありませんので、モヤモヤ感も残りますが、これは「考え続ける」ための効果を持っています。

このゲームを広げていく機会を作りたいものです。

 

 

8月24日(土)、高尾野区の防災訓練が行われました。

9時に防災無線で訓練開始の放送、公民館に集合です。

syugou

 

 

 

 

 

 

菊池南消防署の方による講話

kouwa

 

 

 

 

 

 

かまどと羽釜での炊き出し訓練、この間、公民館調理室ではカレーの調理。

kamadodaki

 

 

 

 

 

火加減・時間配分など手探りでのかまど炊きは、火加減がやや強かったのか炊き上げるまでの時間が短くやや硬めでしたが、昼食でのカレーにはぴったりでした。

 

区の各世帯には、町の補助を受け購入した防災バックと懐中電灯が配布されました。

bousaibag

 

 

 

 

 

bagnakami

 

 

 

 

 

 

災害時の対応体制も確認されました。

taiseizu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、防災は、自助・共助・公助の3つの取り組みが連動することが求められています。

例えば、今回配布された防災バックにきちんと各家庭が必要なものを詰めていつでも利用できるように備える、これは自助のひとつです。また町など行政は強力な組織・設備・ノウハウなどで町全体の災害に対応します、これは公助です。

そして、その中間にある、各地域ごとの地域防災。これが今、大変重要かつ至急の取り組みが求められている共助です。災害時に近隣がお互いに助け合うこと。限られた組織と設備を最大限に活用しながら地域住民の生命と財産を守っていくこと。そのためには普段からの準備やシミュレーション、ノウハウの共有はかかせません。

こうした防災訓練などに取り組んでいる地域は他にも多くあると思います。

地域防災は、地域防災は行政と地域の協働が求められる分野です。

それぞれがさらに充実した共助のシステムを準備できるよう、より多くの地域が取り組みを開始できるよう、町への政策提案、地域がノウハウを共有できる仕組みの提案などに努めたいと思います。

入園式と入学式

| 今日の活動 |

新年度になり、入学式や入園式の式典に出席しました。

4/9 午前 美咲野小学校入学式
4/9 午後 大津北中学校入学式
4/11 午前 大津幼稚園入園式

今日の大津幼稚園入園式には、子育て支援センター在勤の時に子育て広場に遊びに来ていた子ども達も何人か入園するということで楽しみにしていました。

大津幼稚園の入園者は、年少さん50人、年中さん16人、年長さん10人です。

nyuen

 

 

 

 

 

 

 

写真は新入園児の入場の様子です。年少の子どもたちはお母さんに手をひかれての入場ですが、いつもと違う場所に戸惑い、お母さんから離れられない子もいます。

でも、後ろに並んだ在園児は辛抱強く手拍子を打ちながらみんなが席につくのを待っています。さすがお兄ちゃん、お姉ちゃんですね。

そして、これが小学校の入学式になると、

nyugaku

 

 

 

 

 

 

 

先生と上級生の先導でしっかりと行進して入場、入学式の終わりまでしっかりと(長~い)話を聞いていることができるようになります。

子どもたちが成長するのは当たり前のことのようですが、こうして成長していく子ども達を見ることができるのも幸せな「役得」?でしょうか。

「中の人」

| ボランティア, 今日の活動 |

ロアッソ熊本のマスコットキャラクターのロアッソ君がガンバ大阪のサポーターから「卑劣な行為」を受けたとのこと。頭部を脱がされたらしい。
遊園地、スポーツチームや企業のキャラクター、地方のゆるキャラなどにとって「中の人などいない!」というスタンスは重要で、どのキャラクターも準備・片づけ中の姿を見せないように腐心している。そこをあからさまにする、というのはキャラクター界における「人権」に相当する「キャラ権」を侵害する行為と言える。残念なことだ。

わが大津町にもご当地ゆるキャラ、からいも3きょうだいが居る。(どこに住んでいるかは知らないが。)
今日は、その一人が、子育て支援センターに来てくれたとのこと。センターの子育て広場「すこやか」の利用者で、4月から幼稚園・保育園に入園する子どもたちのお別れ会で「おおきなかぶ」ならぬ「おおきないも」の寸劇に出演するためだ。

今日のからいも君は、「くまもん」に対抗しようとしていたようで、「動きのキレ」「かわいい仕草」「子ども達とのスキンシップ」を心がけていたという。先月は「すこやか広場」に鬼が来て、子ども達は逃げ惑ったとのことだが、今日は「からいも君」にタッチを求めてきた。

「みんな、幼稚園や保育園にいっても元気でね。」(からいも君の「中の人」より)

karaimokun

 

 

 

 

 

 

 

いや、「中の人などいない!」

 

毎日の過ごし方

| 今日の活動 |

よく言われることは、「毎日、大変でしょう」「議会のない日はどうしてる?」の2パターン。
どちらのお尋ねもよくわかります。私もよくわかりませんでした。

3月1日に任期が始まって、すぐに3月定例会が予定されていましたので、滑り出しは結構忙しかったです。
子どもの進学の準備(引っ越し・卒業式)を除けば、かなりの時間を議会と議案や一般質問についての勉強に費やしています。
これがずっと続くとさすがに体がもちませんが、少なくとも議会前・議会中はこの状態になるのだと思います。

このカテゴリー「今日の活動」では、次回から「議会がない日の過ごし方」を公私まじえて紹介していきます。

 

議会スケジュール
3/1 議会構成決定等
3/2 プライベート 要請資料まとめ
3/3 プライベート
3/4 プライベート 前年度予算確認 前年度予算確認
3/5 前年度予算確認 一般質問向け調査
議案到着
議案の調査
3/6 全員協議会 事前学習会(新人議員) 全員協議会 議案の調査
3/7 県庁(収支報告提出) 議案の調査 議案の調査
3/8 議会初日 議会初日(提案理由説明等) 議案の調査
3/9 大津中卒業式出席 聞き取り調査(2件) 議案の調査
3/10 プライベート 一般質問内容の検討
3/11 本会議 先議議案・委員会付託 聞き取り調査(1件) 付託事項調査
3/12 委員会 現地調査 付託事項調査
3/13 委員会 委員会付託事項審議 付託事項調査
一般質問準備
3/14 委員会 委員会付託事項審議 中休み
3/15 休会 「みんなのおうち」
運送手伝い
散髪
一般質問準備
 一般質問準備