トップページ

教員の過負担軽減

もう一つの重要な考えは、教員の過負担の軽減です。

学校は今、過剰な役割を負い、学校という制度もそこに働く教員も疲弊し余裕を失っています。こうした制度・教員によって運営される学校はときに子どもたちにとってマイナスになってしまうこともあります。(先生の心無い言葉で不登校になった子どもの話を聞いたことはありませんか?)

コミュニティスクールはその解決のための一つの方法ですが、もう一つ、教員の過負担を軽減することも重要です。

学校ボランティアの活動領域はコミュニティスクールの中ではもっと広がり、教員が行っている業務を少しでも肩代わりすることもきます。教員の過負担を軽減し余裕を作ることができれば、その余裕を子どもたちに向けることにもつながります。