トップページ

コミュニティ・スクール

「学校と地域」のページに、

「今、学校には学校ボランティアをはじめ、様々な形で地域の大人たちが関わっています。この関わりをもっと確かなものにして、地域と学校の関係を形にしていきましょう。」

と書きました。

その具体的な形がコミュニティスクール(学校運営協議会制度の通称)です。文科省はコミュニティスクールを以下のように説明しています。

 

コミュニティ・スクールは、学校と保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、
一緒に協働しながら子どもたちの豊かな成長を支えていく「地域とともにある学校
づくり」を進める仕組みです。コミュニティ・スクールには保護者や地域住民などから構成される学校運営協議
会が設けられ、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を
述べるといった取り組みがおこなわれます。 これらの活動を通じて、保護者や
地域の皆さんの意見を学校運営に反映させることができます。

 

現在、護川小学校がコミュニティスクールのモデル実施校となっています。護川小に行くと玄関には学校を支援する地域の方々の写真と紹介文が張り出されたり、地域と一体になった避難訓練も行われるなどその取組はかなり進んでいるようです。

しかし、この護川小の現状はあくまで「モデル実施」であり“正式な”コミュニティスクールである「指定コミュニティスクール」としてさらに町内のすべての学校に広げていくことで、学校と地域の形を確かな形にしていきたいと考えます。

 

 

(文科省 コミュニティスクールのパンフレット)